卵巣に発生するがんです|メニエール病がめまいの原因|症状で見極める

メニエール病がめまいの原因|症状で見極める

卵巣に発生するがんです

看護師と患者

卵巣に発生する卵巣がんは、自覚症状がなく進行する場合がほとんどです。進行していく中でがんが大きくなり腹部に圧迫感を感じることで異変に気付くケースが多いですが、その時にはかなり進行しています。卵巣がんは40歳を過ぎるころから発生のリスクが高くなり、50歳から60歳にかけてピークを迎えます。ただ、中には10代で発症するケースもあるので注意が必要です。卵巣は卵子がつくられるところでもあり、そのため月経のたびに働いています。月経が他の人よりも重い人、初潮が早く閉経が遅い人、そして妊娠が未経験のために休むことなく月経がある人などが卵巣がんにかかりやすくなっています。自覚症状が出にくいがんなので、定期的な検査を受けることが早期発見に大切です。

卵巣がんが進行していると、卵巣を摘出することになります。卵巣は女性ホルモンを分泌する場所なので、摘出後は急激に体内の女性ホルモンが減少します。そのため、更年期障害に似た症状があらわれます。また、女性ホルモンが分泌されなくなることで、膣内の分泌液も減少するため、スムーズな性交が行えなくなります。女性ホルモン薬や潤滑ゼリーなどを用いることで不便さを解消できますが、女性ホルモンが減少したことに体が慣れていくことで症状は自然と緩和されていきます。卵巣がんは、月経や排卵で卵巣を酷使することで発生リスクが高まります。もちろん自然な生理現象ですが、妊娠回数が減っている現代なので、低用量ピルを用いて排卵を一時的に停止し休ませることが卵巣がんの予防にもなります。