足の付け根が気になったら|メニエール病がめまいの原因|症状で見極める

メニエール病がめまいの原因|症状で見極める

足の付け根が気になったら

腰を押さえる女性達

どんな病気なのか

鼠径(そけい)ヘルニアとは別名「脱腸」の名で知られている病気です太ももの付け根部分を指す鼠径部分にある筋膜の間から腹膜や腸の一部がはみ出てしまう状態です。外から見てもわかるほどポッコリと膨らんでいたり、触るとしこり状のものを感じることがわかります。鼠径ヘルニアは幅広い年齢層で発症する病であり、幼い場合は先天性が要因であることが多く、成人後は運動不足などの筋力の衰えが主な原因になります。鼠径ヘルニアは三種類のタイプに分けられています。外鼠径ヘルニアは乳幼児から成人に多く見られるタイプです。腹壁の外側に腸などがはみ出ている状態です。内鼠径ヘルニアは中年以降の男性に多く、鼠径部の後方で腸が腹膜を破って出てきてしまう状態です。大腿ヘルニアは女性の中でも特にお産を経験した女性に多く見られます。鼠径部の下、足へと走る血管の脇に出てきてしまうのが特徴です。三種類の中では一番危険度が高く、手術が必要となる嵌頓(かんとん)状態になる可能性が高いです。

症状と治療法

鼠径ヘルニアは初期の状態では痛みがほとんどありません。多少の違和感がある程度で患部を押すと引っ込むので、あまり気にすることなく生活してしまいます。しかし、鼠径ヘルニアはほって置いても治るわけではない為、悪化してしまうと強い痛みが出るようになります。また、嵌頓(かんとん)状態になるととても危険です。嵌頓状態とは患部が周りの筋肉によって締め付けられ、はみ出ている部分が引っ込まなくなります。その状態が続くと、腸内へ食べ物が行き届かなくなったり、患部の血流が悪くなり腸が壊死してしまいます。いつもよりヘルニアが大きくなったり、押しても戻らなくなったら嵌頓を起こしている可能性が強く直ぐにでも手術が必要です。鼠径ヘルニアを完治させるには、手術しか方法はありません。昔と違い医療技術が進歩したことで、日帰りの手術も可能になりました。メッシュ&プラグ法、クーゲル法、ダイレクトクーゲル法などの手術法があり、人工補強材を使ってヘルニアを起こす穴を塞ぎます。術後の痛みや突っ張り感も少なく安静時期も短い為、早く社会復帰できるのが特徴です。少しでも鼠径部に違和感を感じたら、早めに医師に診てもらいましょう。